第10回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ

来る2017年11月2日、第10回グローバルヘルス政策研究センターセミナーを開催いたします。今回は、ヨルダン王国・アンマンに本部をおくUNRWA(=国際連合パレスチナ難民救済事業機関)の保健局長であられる清田明宏先生を講演者にお迎え致します。講演は「Global Health and Refugee Health: UNRWA’s experience」と題して、イスラエル独立宣言、それに続く第一次中東戦争勃発から70年近くになる今もなお、難民生活を強いられているパレスチナの人々の生活・ヘルスケアについて、先生のこれまでの精力的なご活躍や革新的研究・保健医療対策の観点からお話して頂きます。多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げております。

清田 明宏(せいた あきひろ)先生
国際連合パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA=ウンルワ)保健局長・医師

1961年福岡県生まれ。高知医科大学(現・高知大学医学部)卒業。世界保健機関(WHO)で約15年間、エジプトを中心に、中東など22カ国の結核やエイズ対策に携わった。2010年から現職。中東の結核対策では、患者の服薬を直接確認する療法「DOTS(Directly Observed Treatment,Short-course)」を導入し、高い治癒率を達成。その功績が認められ、第18回秩父宮妃記念結核予防国際協力功労賞を受賞。

Dr Akihiro Seita is the Director of Health Program and WHO Special Representative at UNRWA (United Nations Relief and Works Agency for Palestine refugees in the Near East) HQ in Amman, Jordan. He is managing primary health care for 5.7 million Palestine Refugees (PR) in Gaza, West Bank, Syria, Lebanon and Jordan through 143 health centers, with 3500 staff with USD 120 million dollars per year.

Dr Seita is a reformist and strong change manager in the Universal Health Coverage. Dr Seita joined UNRWA in 2011, and has been leading its health reform through the person-centered, family medicine approach, or family health team (FHT). FHT is to address the entity of health problem among PR particularly in the era of the non-communicable diseases (NCD) epidemic. FHT is a drastic change from the classical disease-centered approach, and despite continiusous challenges, he managed to expand FHT reform in almost all health centers by 2016.

Dr Seita is also an innovator. He initiated e-health (electronic medical records) in UNRWA’s health centers to make health services more efficient, effective, and evidence-based. E-health is now in 100+ health centers, covering close to 3 million people. By using e-health, he introduced two innovative interventions, first in the world in a large scale: cohort analysis for monitoring of diabetes, and a mobile application for maternal and child health booklet for helping mothers to monitor their pregnancy and child growth.

Technical robustness is also Dr Seita’s competency. Prior to UNRWA, he worked at WHO/EMRO as coordinator for TB, AIDS and Malaria. He extensively worked for DOTS and received the Karl Styblo Public Health Award in 2002 from the International Union against TB and Lung Disease. In UNRWA, his work in PHC and NCD is well appreciated, and the American Diabetes Association and the International Diabetes Federation invited him to their conferences as a key panel speaker.

Dr Seita is a partnership person. He extended UNRWA’s collaboration to global institutions like Harvard Medical School, London School of Hygiene & Tropical Medicines, the Lancet, and others. He managed to organize an International Conference on Diabetes and Refugees in April 2017 in Jordan together with UNHCR, WHO, IOM, MSF, and others with close to 100 participants. It was the very first international conference on this subject.

He is an effective fundraiser. Amid the financial crisis in UNRWA (which solely rely on voluntary contribution from donors for its operation), Dr Seita worked very closely with donors like USA, Japan, UK, Kuwait, Saudi Arabia and others, to raise project funds for key UNRWA health operations like e-health, mental health and maternal & child health. He also worked well with the private sector and, for example, was instrumental to receive USD 500,000 equivalent clothes support from UNIQLO.

Last not but least, Dr Seita is a great advocate on health in politics. He reads politics very well, and puts health agenda effectively in political arena. This is very important in working at UNRWA where reading the politics is the very first step in any health work. He made an Lancet piece “No health without peace: why SDG 16 is essential for health” (Lancet, vol. 388, pages 2352-2353, Nov 12, 2016).

Prior to UNRWA, Dr Seita worked at the WHO/EMRO in Cairo, Egypt. He was the coordinator for TB, AIDS and malaria, and assisted the 22 countries of the Region. He studied medicine at Kochi medical school in Japan. He was the research fellow for the Takemi Programme of International Health at the Harvard School of Public Health from 2003 to 2004. He received the Princess Chichibu Memorial TB Award for Global Contribution in 2014 and Karl Styblo Public Health Award in 2002.

Dr Seita was born on 23 January 1961 in Fukuoka, Japan, and is a father of one daughter.

日時 2017/11/2(木)12:00〜13:30
会場 国立国際医療研究センター・研修センター棟1階 グローバルヘルス政策研究センター
言語 日本語(通訳なし)
テーマ Global Health and Refugee Health: UNRWA’s experience
定員 40名程
参加費 無料 事前登録不要

NEWS & REPORTSニュース&レポート

UHC Day 2018記念イベント:「誰も取り残されない医療」を目指して 開催報告 (2018年12月4日開催)
グローバル・ヘルス・ディプロマシー・ワークショップ 開催報告 (2018年12月3〜5日開催)
「ICTの変革が実現するヘルスケア・新時代」〜2025年大阪万博:世界に向けて発信すべきライフイノベーション、未来社会の姿とは何か?〜」 セミナー開催報告(2018年12月12日開催)
「医師なし⾃動診断時代の幕開け?〜⾰新的な医療⽤ AI 装置と今後の可能性〜」セミナー開催報告(2018年10月22日開催)
2018年UHC DAY 2018年記念イベント「誰も取り残されない医療を目指して」のご案内(2018年12月4日)
「Systematic review and Meta-analysis実践ワークショップ」開催報告(2018年9月27−28日)
「Google のヘルス革命 〜クラウドとAIの活用とその課題〜」セミナー開催報告(2018年9月18日開催)
「第2回 日独グローバルヘルス会議」シンポジウム開催報告(2018年9月6日開催)
2018年グローバルヘルス外交ワークショップのご案内(2018年12月3−5日)
10月22日「医師なし自動診断時代の幕開け?〜革新的な医療用AI装置と今後の可能性〜」開催のお知らせ
「効果的な国連総会結核ハイレベル会合に向けて」セミナー開催報告(2018年5月10日開催)
10月5日「高齢社会を支える訪問看護事業の将来展望 〜各国のHome-based Careの現況と日本からの挑戦〜」開催のお知らせ
9月18日「Googleのヘルス革命 〜クラウドとAIの活用とその課題〜」開催のお知らせ
第2回 日独グローバルヘルス会議 開催のお知らせ
Systematic review and Meta-analysis実践ワークショップ 開催のお知らせ
ヘルスICT先進国・台湾の苦悩〜法と制度の狭間から〜セミナー 開催報告(2018年7月30日開催)
第17回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
~医療ビッグデータを活用した初の国際協力~ 日タイ包括研究協定(MOU)調印式 開催報告 (2018年6月18日開催)
第15回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告 (2018年3月16日開催)
第14回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告 (2018年3月13日開催)
第13回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告 (2018年2月27日開催)
第15回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第14回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
PMAC 2018 サイドミーティング 開催報告(2018/1/30開催)
グローバルヘルス政策研究センター・東京大学国際保健政策学教室 共催セミナー開催のお知らせ
第13回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第11回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/12/15開催)
12月15日(金)UHCフォーラム2017 サイドイベント 開催報告
12月12日(火)UHCフォーラム2017 サイドイベント 開催報告
2018年度マヒドン王子記念国際会議(PMAC) サイドミーティング開催のお知らせ
グローバルヘルス政策研究センター特別講演 [Professor Jeffrey D. Sachs & Dr. Sonia E. Sachs, Columbia University] "The Future of Human Development in the Era of Sustainable Development Goals (SDGs)" 開催報告(2017/11/28 開催)
12月15日(金)UHCフォーラム2017 サイドイベント 開催のお知らせ
12月12日(火)UHCフォーラム2017 サイドイベント 開催のお知らせ
第11回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第10回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/11/2開催)
第9回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/10/31開催)
iGHP Special Lecture Series [Professor Jeffrey D. Sachs & Dr. Sonia E. Sachs, Columbia University]
"The Future of Human Development in the Era of Sustainable Development Goals (SDGs)"
第8回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/9/19開催)
Systematic review/Meta-analysis実践ワークショップ 開催報告(2017/8/10、9/7開催)
第10回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第9回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第7回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/7/11開催)
医療者・報道関係者対象セミナー 開催のお知らせ
第8回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第6回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/6/20開催)
Systematic review/Meta-analysis実践ワークショップ 開催のお知らせ
第5回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/5/22開催)
第7回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
ウェルビーイング イノベーション シンポジウム 開催のお知らせ
第6回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第4回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/4/20開催)
第5回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第4回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催のお知らせ
第3回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/3/28開催)
グローバルヘルス政策研究センター設立記念国際会議 開催報告(2017/3/2開催)
第2回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/2/21開催)
第1回グローバルヘルス政策研究センターセミナー 開催報告(2017/1/24開催)