RESEARCH PROJECTS

グローバルヘルス政策研究センターの研究テーマ・活動概要を紹介します。

グローバルヘルスシステム・イノベーション研究科研究科長:宮田 裕章

  1. NCGM海外展開事業の系統的分析と科学的根拠をサポートするデータベース構築(平成28年度に構築したデータ基盤に基づいて、5プロジェクトを目処に展開予定)
  2. 1の海外展開事業を軸に、インバウンド・アウトバウンドの各種プロジェクトの実態把握と、今後の連携強化に関する検討及び実践的研究ワークショップを開催
  3. 臨床診断ネットワークなどの国際展開の実装の推進(病理・放射線分野が選定され連携を推進)
  4. 国際診療パフォーマンス比較研究および改善のシミュレーション(日米から、今後分野と地域を拡大予定)
  5. システム・イノベーションモデル開発に関する研究

グローバルヘルス外交・ガバナンス研究科研究科長:勝間 靖

  1. グローバルヘルスにおける日独の役割に関する比較研究
  2. SDGs達成へ向けたグローバルヘルス・シンクタンクの役割
  3. アジアにおけるグローバルヘルス・ガバナンス(例:ASEAN域内の医療専門職相互認証など)

グローバルヘルス指標・評価研究科2017年度新設

  1. NCGM海外展開事業の政策インパクト評価
  2. 感染症疫学・シミュレーション
  3. 保健サービスや政策のメタ分析
  4. コホート研究
  5. 健康の社会的決定要因(SDH)の保健へのインパクト評価(教育や農業分野を含む)

iGHPにおける共同研究

NCGM国際医療協力局との連携プロジェクト
  • 「アジアにおける看護師の相互認証」
  • 「大規模災害発生時における迅速かつ効果的な体制構築」
NCGM外との連携プロジェクト
  • 「AI等の利活用を見据えた病理組織デジタル画像(WSI)の収集基盤整備と病理支援システム開発」(日本病理学会 2017年1月採択)
  • 日本の専門医制度と連携したNational Clinical Databaseと米国外科学会のNational Surgical Quality Improvement Programとの国際共同研究など
国際連携プロジェクト